ランプヴェルジェとアロマポットの違い

スポンサードリンク

ランプヴェルジェとアロマポットの違い

世界中で売れているランプヴェルジェのランプとアロマキャンドルやアロマポットなどのアロマ製品は何が違うのでしょうか。

 

ランプヴェルジェは、火を使いますが最初温める程度の2分ほどつけるだけで、すぐに消すので火事になる心配がありません。
使っているうちに倒れてしまって火災…っていうことはないのです。

 

どの場所でも使用でき、もし就寝中に使ってもオイルがなくなると芳香が止まるので安心です。
ランプヴェルジェは、精油と言われるエッセンシャルオイルがオゾンアルコールと融合して小さな粒子になって香り、それでアロマテラピー効果が得られるのです。

 

アロマキャンドルは、名前の通りキャンドルなのでずっと火を灯したままで使います。
なので、火災の心配もあり二酸化炭素も発生します。
アロマテラピー効果はあまり得られないのです。

 

アロマポットも火をつけた状態で使うので火災の心配があります。
また、プレート上にアロマオイルと水を入れて使うのですぐになくなり、あまり効果が十分に得られないのです。

スポンサードリンク