ランプヴェルジェのセラミック芯とは

スポンサードリンク

ランプヴェルジェのセラミック芯とは

ランプヴェルジェの製品の価値を判定するには、特殊なセラミック芯がもたらす抗菌・芳香、消臭作用などです。
触媒燃焼は炎が出ないので、一般的な燃焼とは違います。

 

ランプヴェルジェのセラミック芯は材質の異なる陶土を混ぜて製造された多孔性セラミック芯です。
セラミック芯を使う時は、パフュームオイルを綿でできたロープにしみ込ませて、オイルの表面張力を利用して芯の中に付着させ点火させます。
そして2分半くらいたって一定の燃焼温度になったら火を消して蒸し焼きにします。

 

こうすることで一定の燃焼温度を保つことができ蒸し焼きにする原理がランプヴェルジェのセラミック芯の特徴になります。
紙などの普段は燃えやすいものが触れても簡単に燃えないので、安全で使用できるのです。
絶対に燃えないというわけではないので、燃えやすいものの近くでは使用せず、注意してください。
そして、ランプヴェルジェは空焚きなどはしないで十分な換気で行ってくださいね。

スポンサードリンク